AirBuggy for Dog ネストバイク自転車用カート ★選べる専用グッズ付★

当店だけのおとくなキャンペーン実施中!

キャンペーン ネストバイクmain

大型犬・中型犬・多頭飼いの方に。待望の自転車牽引用大型カート!
ロイヤルミルク(ホワイト×ブラック)、タンゴレッド(ホワイト×レッド)のおしゃれなツートンカラーの2色展開。

軽やかな走行性で、大型犬でもスイスイ進めるエアタイヤ。
大型犬や中型犬多頭飼いの方からの「自転車で引けるエアタイヤのオシャレなドッグカートが欲しい」というご要望にお応えして、遂に発売決定!
遠出のお出かけも楽しめるようになりました。
大型犬のスタイリッシュなイメージをさらにランクアップしてくれる一品です。
都会で生活する愛犬達には、ドッグカートで大好きなドッグランまで連れて行ってあげれば、アスファルトでの夏場のやけどや冬場の凍傷予防にもなります。
ベビーカーのAirBuggy(エアバギー)の技術を継承した、大型犬・中型犬多頭飼いの方用こだわりのドッグカートです。

平日11時までのご注文で、翌営業日発送予定。


»商品の在庫・入荷に関するお問い合わせはこちらから

カタログ生地見本サンプル無料プレゼント
AirBuggy for Dogの感想はこちら!
ドームS ドームSM ドームM キューブトゥインクル キューブネスト
キャンペーン


※「ネストバイク」のみでは自転車に繋いでご使用いただけません。

自転車とネストバイクを連結させるためには、
別売りのAirBuggy for Dog ネストバイク専用
ジョイントパーツ TOWBAR
が必要となります。

AirBuggy for Dog ネストバイク自転車用カート ★選べる専用グッズ付★

価格:

62,640円 (税込)

[ポイント還元 626ポイント〜]
カラー:
プレゼント1:
プレゼント2:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

カラー:ロイヤルミルク/タンゴレッド
サイズ:[全体]W79(後輪タイヤまで)×D115(前輪タイヤまで)×H101(ハンドルの高さまで)(cm)
[フレーム折りたたみ時]W79×D90×H19(タイヤ取り外し時)(cm)
[コット]W55×D81×H61(cm)
重量: 12.4kg (タイヤ装着時)
耐荷重:45kgまで
適応犬:大型犬・中型犬多頭飼い用
素材:[フレーム] アルミニウム
[コット] 表地ポリエステル100% 内部・底面MDAボード
セット内容:本体フレーム/コット/リストストラップ/エアポンプ/取扱説明書

AirBuggy for Dog ネストバイク自転車用カート ★選べる専用グッズ付★

価格:

62,640円 (税込)

[ポイント還元 626ポイント〜]
カラー:
プレゼント1:
プレゼント2:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

世界が認める信頼の安全規格に適合 AirBuggy(エアバギー)シリーズは、ベビーカーの分野で培った高い安全性をドッグ用カートにも継承。ドイツ技術検査協会「TUV」(ヨーロッパ最大級の 独立した第3者認証機関)の認定、および、ベビーカーの安全規格において世界で高い信頼を誇る欧州安全基準「EN1888」に適合しています。

★大切な愛犬を危険から守るのは、飼い主様の重要な務めです。以下の注意事項を熟読したうえでご購入ください。★

●コット(ドッグカゴ)に関する注意事項

  1. 走行中は愛犬がコットから外に身を乗り出すことがないよう、必ずファスナーを閉めた状態でご使用ください。
  2. 愛犬を製品に乗せるときは常にハーネス(胴輪)を装着させてください。コットから外に飛び出すことが出来ない長さに リードを調整して製品と愛犬が必ず繋がった状態でご使用ください。
  3. 愛犬をコットに乗せたままの状態でその場を離れないでください。
  4. 使用中はコットにいる愛犬の様子を窺いながらご使用ください。また、長時間コットに愛犬を乗せることはお止めください。
  5. 夏場や冬場など気候の厳しい季節は、コット内の愛犬の様子を特に注意してお使いください。
  6. 愛犬の体重と体格に合ったコットをご使用ください。

●バギーに関する注意事項
  1. 走行中はバギーのハンドルを両手でしっかり握り、手を離さないようご注意ください。
  2. バギーを停車する際は、必ずフットブレーキをご使用ください。
  3. 坂道や段差間、凸凹道や雨道などの悪路ではバギーを停車させないでください。
  4. バギーのハンドルにバッグなど重量の掛かるものを引っ掛けたり乗せたりしないでください。
  5. バスケットは荷物を収納するためのものです。愛犬や他のペットなどを乗せないでください。
  6. 愛犬を乗せたままバギーを持ち上げ階段を上り下りすることは大変危険ですので絶対にお止めください。
  7. エスカレーターの利用は避け、迂回路やエレベーターをご使用ください。

ページトップへ