あなたにもできる!簡単マッサージテクニック

ペットマッサージ

あなたにもできる!簡単マッサージテクニック
あなたにもできる!簡単マッサージテクニック

第2回で嘔吐のツボをご紹介しましたが、いきなり指圧をするように言われても、どのようにすればよいかわからない方も多いですよね。そんな方のために、今回はマッサージのテクニックについて簡単にご説明します。

ツボマッサージの基本テクニックはたったの5つ。これだけ覚えれば、ほとんどのツボマッサージはできちゃいます。

ツボマッサージの基本テクニック

ストローク/ペットマッサージの基本

1. ストローク Stroke Massage
自分の手をコーム(櫛)のように使います。手を広げて指先を丸め、指を少し立てます。マッサージを始める前に、ストロークで体表を毛の流れに沿って優しくさするようにしてあげましょう。初めは優しくゆっくりめに、慣れてきましたら徐々に力を入れて、早く動かすようにします。


円マッサージ/ペットマッサージの基本

2. 円マッサージ Circle Massage
人差し指、または人差し指と中指の2本を使います。マッサージする部位をひらがなの「の」の字を描くイメージで優しくマッサージ。ポイントとなるツボを念入りにマッサージする時などに使うテクニックです。


揉む/ペットマッサージの基本

3. 揉む Paddy Massage
親指と人差し指の2本、または親指と人差し指と中指の3本を使います。部位を挟み込むようにつまんだり緩めたり「もみもみ」します。


指圧/ペットマッサージの基本

4. 指圧 Shiatsu Massage
ここでは、指の腹を使い、ツボを上から押すテクニックです。大型犬や筋肉の豊富なツボには親指を使い、小型犬やネコには人差し指を使うのが良いでしょう。また、足の裏や細かい部位には綿棒やヘアピンの丸い方を利用するのがポイントです。

.ツボに指を当てたら、ゆっくりと1・2・3の呼吸で徐々に力を入れていき、押します。ツボを押し終わるまでに3秒位。
.動物が「まんざらでもない顔」をするのがポイント。そのまま3〜5秒間押したままにし、気持ちを込めて下さい。
.ゆっくり3秒数えながら徐々に力を抜いていきます。
.顱像鵑領れを4〜5回繰り返します。
ポイント!! 「気持ちいいね〜」と、愛情を込めて行うのがポイント


ピックアップ/ペットマッサージの基本

5. ピックアップ Picking up Massage
ツボの位置がピンポイントでは見つけられない方、力の入れ方がわからなくて不安な方には、ピックアップマッサージが便利です。指圧がツボを押す行為とすると、ピックアップは、ツボが密集する「経路」と呼ばれる場所をつかむ行為です。指の全てを使い、親指と他の4本の指で経路の走る皮膚をつまみあげます。


力加減は?
一般的には、小型犬や猫では500g〜1kg、大型犬では2〜3kg位が心地よく感じる加減です。ご家庭にある、料理用のスケールなどで実際に測ってみると、力加減がよくわかりますよ。


人間と犬はほぼ同じ位置にツボがありますので、まずは、飼い主さん自身の体で試してみるのもオススメ。気持ちのいい力の入れ具合、体に響く感じ、痛みを感じる強さなどを体感できます。また、動物の症状や大きさ、またその動物によって感じ方も違いますので、愛犬が気持ちよく感じる力加減をいろいろ探ってみて下さい。背中などの比較的筋肉が太くて骨格がしっかりしている部分はやや強め、耳などの細くて弱い部分は優しくマッサージしてあげて下さいね。

次回のタイトルは、「気持ちのいいマッサージのコツ」です。マッサージは、誰でもできますが、どんな状況でもできるわけではありません。マッサージする時の注意点について触れていきます。





イヌトゴおすすめ ケアグッズ各種


うちのコとGO!

ページトップへ