エアバギーフォードッグが選ばれる理由!こんなペットカートが欲しかった



関節と熱中症が心配な犬種が並びました。
ジャンプが大好きで股関節や膝関節に心配が多い「トイプードル」。
性格は社交的でお出かけが好きなコが多いですよね。
イベントやドッグランなどへのお出かけに、エアバギーが重宝しそうです。
鼻が短いため、夏の呼吸器官のやけど等が心配な「フレンチブルドッグ」は、
涼しい土の公園までエアバギーで移動してあげれば、熱中症予防に。抱っこするにはちょっと
重いので、エアバギーがあるとオーナー様も安心です。
足が短いため地面にお腹が近い「ミニチュアダックスフンド」は、暑さに弱く、比較的人ごみも
苦手な性格。地上から60cmの高さのコット[カゴ]での熱中症対策はもちろん、自分のニオイの
コット[かご]でリラックスして過ごせそう。
ベビーカーの安全基準を装備した「エアバギー」は、エアタイヤによって乗っている愛犬への
衝撃を最小限にし、スムーズな操作性を実現しました。
愛犬の体質や性格に合わせて、使用シーンもいろいろです。

都市部でのご購入者様が目立ちます。
マンションの共有部分への配慮、愛犬と一緒のご旅行やお出かけ、通院や退院のため、
暑い季節のアスファルトを避けての公園への移動目的など、都市部でのペットカートの
使用シーンは多種多様。
愛犬がカートに入っていれば利用できるショッピングモール、アウトレットモールなどは、
愛犬家の方の人気お出かけスポットにもなっています。
家族として暮らす愛犬の健康への思いやりと、社会への配慮が、近年のペットカート利用者の
増加要因と言えそうです。

△ページトップへ戻る






△ページトップへ戻る


△ページトップへ戻る


△ページトップへ戻る



お客さまの声M

お客さまの声SM お客さまの声TW お客さまの声NEST


△ページトップへ戻る

AirBuggy for Dog 選び方ガイド 選び方ガイドメインイメージ AirBuggy for DogドームS PLUS AirBuggy for DogドームSM AirBuggy for DogドームM AirBuggy for DogドームM AirBuggy for DogドームM AirBuggy for Dogスペシャルエディション【DOME2】ブレーキM テクスチャーデニム Air Buggy for Dog DOME2 ブレーキモデル Mサイズ Air Buggy for Dog DOME2 スタンダードモデル Mサイズ Air Buggy for Dog CUBE トゥインクル Air Buggy for Dog CUBE ネスト 選び方ガイド AirBuggy for Dog ドームS PLUS AirBuggy for Dog ブレーキモデル ドームS PLUS AirBuggy for Dog スタンダードモデル ドームSM AirBuggy for Dog ブレーキモデル ドームSM スペシャルエディション ブレーキSM TEXTURE DENIMデニム スペシャルエディション ブレーキSM CAMOUFLAGEカモフラージュ AirBuggy for Dog スタンダード【DOME2】ドームM AirBuggy for Dog ブレーキ【DOME2】ドームM スペシャルエディション【DOME2】ブレーキM テクスチャーデニム AirBuggy for Dogプレミアモデル【DOME2】ブレーキM CAMOUFLAGE AirBuggy for Dog キューブシリーズ トゥインクル AirBuggy for Dog キューブシリーズ ネスト 【AirBuggy for Dog】 CARRIAGE(キャリッジ)
※フレームにコットを取りつける際は、各サイズ専用アダプタ(別売)が必要です。
3in1コンセプト

ライフスタイルに合わせて変身するエアバギー
「4IN1(フォーインワン)」

AirBuggyforDogは、“使い続けるエコ”をコンセプトに、『ドッグカート』だけではなく、『ショッピングカート』
『ベビーカー』『カーシート』と、4通りの使い方が可能です。
1つの使い方にこだわるのではなく、用途に応じて、家族みんなで使い続けていくことができます。

DOMEシリーズのみ『4IN1』に対応しています。

ショッピングカート・専用アダプターのページは
こちらから


※ ベビーカー、カーシートへの転用はご相談ください。

△ページトップへ戻る

ページトップへ